COMPANY

会社案内

HISTORY

沿 革

昭和15年5月、創業者望月為蔵が、東京都豊島区千早町に有限会社豊島製作所を設立、戦局の進展に伴い航空機部品等の製造に従事しておりました。終戦とともに生産活動を中止いたしましたが、昭和21年3月、経営面、工場設備、技術員の一新拡充をはかり、資本金18万円をもって自動車および船舶用電装品(ダイナモ、アンメーター、カットアウトリレー等)の製造および再生修理を営業目的とし株式会社豊島電機製作所を設立しました。設立後の主たる社歴は、以下の通りであります。
1940
昭和21年10月
いすゞ自動車工業(株)の電装品整備工場に指定される。
昭和22年4月
東京都交通局指定工場となり、自動車電装品修理の年度契約及び各種見積参加認定を受ける。
昭和22年8月
民生ヂーゼル工場(株)(現UDトラックス(株))の協力工場となり、ヂーゼル車用
24V / 300Wダイナモ、24V / 6HPスターターの製造ならびに修理契約を締結。
昭和24年10月
日本通運(株)東京支社の指定工場となる。
昭和25年4月
GS日本電池(株)の特約店となる。
昭和27年5月
業務の拡充に応じるため、新宿営業所サービスステーションを開設し、資本金100万円に増資。
昭和27年9月
関東バス(株)指定工場となる。
昭和27年10月
古河電池(株)と代理店契約を締結。
昭和28年4月
保安庁(現防衛省)第一幕僚監部見積参加認可。自動車電装年間契約。
昭和29年4月
東京急行電鉄(株)自動車部指定工場となる。
昭和30年1月
本社を、新宿営業所(新宿区中落合)に移転。
昭和32年9月
王子運送(株)の自動車電装品指定工場となり、年間請負契約を締結。
昭和33年2月
日本電装(株)(現(株)デンソー)のサービスステーションとしての契約を締結。
昭和33年4月
東急自動車学校、東急観光(株)指定工場となる。
昭和34年1月
日野ヂーゼル工業(株)(現日野自動車(株))、東急バス(株)、関東バス(株)と新車仕様バッテリー納入契約。
昭和35年3月
東都日産モーター(株)、東京いすゞ自動車(株)、三菱ふそう自動車(株)(現三菱ふそうトラック・バス(株))、東京トヨタディーゼル(株)と新車仕様バッテリー納入契約。
昭和39年10月
警視庁指定工場となる。
昭和40年4月
キャタピラー三菱(株)(現キャタピラージャパン(株))指定工場となる。
昭和41年4月
(株)間組大宮機械工場指定工場となる。
新社屋工場完成(新宿区中落合)。
昭和42年3月
日立バッテリー(株)と特約店契約。
昭和47年1月
トヨタ東京オート(株)指定工場となる。
昭和47年8月
資本金400万円に増資。
昭和48年3月
東京陸運局より優良自動車整備事業者特殊整備工場の認可を受ける。(東認3−第16号)
昭和48年5月
東京トヨペット(株)指定工場となる。
昭和50年10月
澤藤電機(株)のサービスステーションとしての契約を締結。
昭和53年11月
望月 劭 取締役社長に就任。
昭和54年4月
資本金1千万円に増資。
昭和55年3月
日興電機工業(株)のサービスステーションとしての契約を締結。
昭和61年1月
トヨタ東京カローラ(株)指定工場となる。
平成2年2月
京王帝都電鉄(株)(現京王電鉄(株))自動車電装品指定工場となる。
平成6年11月
新宿優良法人に認定。
平成7年5月
NTT移動通信網(株)(現NTTドコモ)と代理店契約を締結。
平成8年1月
豊島区南長崎に新社屋完成。
平成8年4月
資本金3千万円に増資。
登記簿本店を新宿区中井に移転。
平成11年4月
望月 攸貢 取締役社長に就任。
平成13年6月
軽板金事業(カーコンビニ倶楽部)開始。
平成14年4月
望月 伸泰 専務取締役に就任。
平成15年4月
望月 伸泰 取締役社長に就任。
平成15年5月
株式会社豊島電機に商号変更。
平成18年12月
関東運輸局より自動車分解整備事業認証工場の認可を受ける。(東京都1-11351)
平成19年5月
ドコモスポット目白店(現ドコモショップ目白店)を開設。
平成19年10月
(株)デンソーより認定を受けデンソーダイアグステーションを開設。
平成21年12月
第1回無担保社債発行(株式会社三井住友銀行保証付および適格機関投資家限定)
平成22年3月
ポストプロダクション事業部として銀座8丁目にスタジオ「SYNCWIRE」を開設。